本文へスキップ

「誠実と奉仕」というゾンタ精神に基づき活動する 鳴門ゾンタクラブ

活動報告report

  1.  2017年
  2.  2016年
  3.  2015年
  4.  2014年
  5.  2013年  
  6.  2012年

第30回徳島・鳴門ゾンタクラブ合同例会開催

2012年9月17日
第30回徳島・鳴門ゾンタクラブ合同例会を開催しました。

卓話 演題『活動実績を積み上げるとは』
     〜各クラブがどのように取り組めば、26地区の実績としてアピールできるか〜
講師 国際ゾンタ26地区エリア4 エリアディレクター 好永良子様

好永様の卓話を受講し、今後のクラブ活動の取り組み方について考える良い機会となりました。
また、岸本千亜紀会員、田中宏枝会員、荒木佐和子会員、以上3名の新入会員の紹介を行い、
最後は、合同合唱として参加者全員で『365歩のマーチ』を合唱しました。
第30回徳島・鳴門ゾンタクラブ合同例会開催 第30回徳島・鳴門ゾンタクラブ合同例会開催 第30回徳島・鳴門ゾンタクラブ合同例会開催 第30回徳島・鳴門ゾンタクラブ合同例会開催      

8月例会

2012年8月17日
8月例会を開催いたしました。

卓話 演題『災害時における携帯電話の使い方』
     〜もしもし・・とメールだけで満足していませんか?〜
講師 docomoショップ鳴門店  朝田勝也氏

緊急災害情報が、地域の公的機関(鳴門市)から個人の携帯電話に届くシステムの登録方法の講習を受けました。
また、児童画展についてや、子どものまちフェスティバルについて協議しました。
8月例会 8月例会 8月例会 8月例会      

7月例会

2012年7月17日
7月例会を開催いたしました。

新会員 荒木佐和子様の紹介や、鳴門ゾンタクラブのホームページの披露・説明。
合同例会や移動例会についての協議などを行いました。
7月例会 7月例会 7月例会 7月例会

第21回鳴門ゾンタクラブ女子留学生奨学金贈呈式

2012年6月17日
鳴門ゾンタクラブの地域奉仕活動のひとつとして、
『第21回鳴門ゾンタクラブ女子留学生奨学金贈呈式』を行いました。

奨学生:逢 華明(バン ホウミン)[中華人民共和国]
    鳴門教育大学大学院学校教育研究科 領域教育専攻
    国際教育コース 大学院修士課程2年次
    中国と日本の交流についての研究

指導教官:副学長(国際交流担当)近藤 憲助様
第21回鳴門ゾンタクラブ女子留学生奨学金贈呈式1 第21回鳴門ゾンタクラブ女子留学生奨学金贈呈式2              第21回鳴門ゾンタクラブ女子留学生奨学金贈呈式3 第21回鳴門ゾンタクラブ女子留学生奨学金贈呈式4

寄付金贈呈式

2012年6月13日
5月30日に開催した『学びサロン ワンコインチャリティー』で集まったチャリティー募金
76,037円を、DV防止活動に役立てていただくため、鳴門市へ寄付させていただきました。

また、この贈呈式についての記事が、徳島新聞6月19日朝刊の15面に掲載されました。
寄付金贈呈式1 寄付金贈呈式2              寄付金贈呈式3 寄付金贈呈式4

学びサロン ワンコインチャリティー

2012年5月30日
学びサロン ワンコインチャリティー『健康に美しく今から始める食生活』
徳島市のホテル「THE PACIFIC HARBOR」で開催致しました。
講師は鳴門ゾンタクラブ会員、佐々木佑美。
「毎日の食事を少し変えるだけで、健康的で美しく過ごせる」というその極意を、大勢の参加者様にお伝えできました。
今回の参加費の一部は、DV防止活動のためのチャリティー募金として寄付させていただきます。
ワンコインチャリティー1 ワンコインチャリティー2              ワンコインチャリティー3 ワンコインチャリティー4

国際ゾンタ26地区エリア3・エリア4 第四回 合同エリアミーティング

2012年5月13日
ANAクラウンプラザホテル神戸にて、
『国際ゾンタ26地区エリア3・エリア4 第四回 合同エリアミーティング』を開催しました。
各エリアの議事録承認の報告や、活動報告、新旧会長紹介。
前尼崎市長の白井 文氏による基調講演「今、改めて考える 女性のエンパワーメント」など、
非常に有意義なエリアミーティングとなりました。

なお、来年開催予定の次回エリアミーティングでは、
我々鳴門ゾンタクラブが開催クラブ
となっております。
今回のように素晴らしいエリアミーティングを開催したいと考えております。
第四回 合同エリアミーティング写真1 第四回 合同エリアミーティング写真2              第四回 合同エリアミーティング写真3 第四回 合同エリアミーティング写真4

老人福祉施設慰問

2012年3月28日
老人福祉施設「春潮園」および「鳴山荘」を慰問致しました
鳴門ゾンタクラブのメンバーによる人形浄瑠璃やマジック、歌唱などを披露し、
施設利用者の方々と共に楽しいひとときを過ごしました。
老人福祉施設慰問写真1 老人福祉施設慰問写真2              老人福祉施設慰問写真3 老人福祉施設慰問写真4

「ゾンタ文庫」大活字本贈呈式

2012年3月21日
鳴門市立図書館において
『第23回鳴門市立図書館「ゾンタ文庫」大活字本贈呈式』を開催しました。
昭和63年に、鳴門ゾンタクラブ創立10周年記念事業の一環として「ゾンタ文庫」を開設し、
平成2年から始まった大活字本(※2)の寄贈も、
2011年にちょうど1,000冊を数えることとなりました。
今回もあらたに31冊の大活字本を贈呈致しました。
(※2)大活字本とは・・・
一般の書籍よりも大きく読みやすい文字で書かれた本のこと。
もともとは弱視者向けだったが、小さな文字が読みづらい高齢者にも重宝されている。

ゾンタ文庫贈呈式写真1 ゾンタ文庫贈呈式写真2              ゾンタ文庫贈呈式写真3 ゾンタ文庫贈呈式写真4

東日本大震災被災者支援チャリティーバザー&ローズデー

2012年3月11日
日本ゾンタ誕生50周年記念事業として、『東日本大震災被災者支援バザー』を開催し、
収益金を「山田町ゾンタハウス」(※1)の運営資金として贈呈しました。
また、女性の政治的・経済的・社会的貢献を称える3月8日の「国連ローズデー」に連動し、
世界の平和と女性の地位向上を願い『ゾンタローズデー』という形で、
ゾンタのシンボル「黄色いバラ」を掲げてお祝いし、広報活動を行いました。
(※1)山田町ゾンタハウスとは?・・・
岩手県下閉伊郡山田町は、三陸海岸の中ほどに位置する、カキ養殖の盛んな町です。
東日本大震災では、
大津波により市街地の大半が壊滅的被害を受け、多くの尊い命を失いました。
国際ゾンタ26地区(日本)は、各国のクラブから寄せられた義捐金と、国内各クラブからの義捐金で基金を作り、ゾンタの理念に基づき、
明日を担う生徒のための自習室「山田町ゾンタハウス」を2011年9月に開所。
特定非営利法人(NPO)こども福祉研究所に運営を委託し活動しています。
チャリティーバザー写真1 チャリティーバザー写真2      ローズデー写真1 ローズデー写真2
  1.  2017年
  2.  2016年
  3.  2015年
  4.  2014年
  5.  2013年  
  6.  2012年

鳴門ゾンタクラブ

お問い合わせは、
こちらのお問い合せフォームから
お願い致します。